もし、あなたがイエスや釈迦のように

 

手をあてるだけで家族の身体の痛みや症状が取れたら・・・
あなたはもちろん、家族も喜ばれるでしょうか?

 

はじめまして、株式会社イヤシロチ代表の樋渡さとしです。

 

人生の楽園”ぽかぽか村”代表です。
そして、癒しの手を伝授する癒手道代表でもあります。
癒手道は氣を使った癒しの手で痛みを取る方法を伝授しています。

 

また、
私自身が寝たきりになり、心筋梗塞になった経緯から考案した。
自力運動療法の代表も努めています。

 

人は幸せになるために生まれてきました。

がんを患ってしまった今は人生を楽しみたいけど
それどころではない・・・・

 

身体が痛む、
だんだん体力がなくなってくる。
大切な命が・・・

 

身近で見ていると
なんとかしたい。
何も出来ない自分がもどかしい、
胸が痛む・・・

誰でもそう思うはずです。

 

私は、

どんなときでも希望を失いたくないと思っています。

 

最後の、最後まで
必死になって自分の命を燃やしていきたい。
そう思います。

 

だからこそ、
ご家族の方に提案をしたいと思います。

 

あなたは、何もできないのではなく、

「あなた何でもできる」

できないとしたら、
やり方(方法)を知らない
もしくは、
経験がないだけです。

 

ほとんどの生活習慣病は自分で治せます。
しかし、
重篤な病気や症状になったとき、
治療家や施術家の手を借りなければいけないケースもあります。

 

だからこそ、
人生の楽園”ぽかぽか村”を創り、
誰もが、望めば自分の病気を治せること
そして、
イエスや釈迦のように手をあてて人を癒せることを伝えています。

 

がんは、
今では2名に1名が患う死に直面する病気だとご存知だと思います。

 

このままでは。
大切な家族を失うだけでなく、有望な人材がいなくなれば国力が失速します。

 

だからこそ、
がんを患った方々に1日でも早く痛みや症状を軽減し、
より素晴らしい人生を生きるために回復してほしいと思います。

 

正直申し上げれば、
私の力を持ってしても末期がんの人の痛みを軽減できても
スグに回復させてあげることは不可能です。

 

理由は、
手術や抗癌剤による薬物投与、放射線などの影響で
生命エネルギーが枯渇しすぎているからです。

 

もちろん、
毎日、朝、昼、晩、毎日30日間ほど施術させていただければ
快復する可能性がありますが、それには莫大な施術費がかかります。

 

過去に末期がんの患者様のご家族に
気功整体施術の方法を伝授したところ奥様がご主人を毎日、毎日施術をして
激的に健康を回復された事例は多々あります。

 

この文章をお読みのあなたへ
家族ががんを患っているなら「あなたの手で癒してあげてください。」
初期のがんだったらまだ道は閉ざされていないと思います。

 

「第三者へ氣を与えることで疲れてしまう。」

多くの方が認識されていますがご安心ください。

 

天地とつながり生命エネルギーが常に循環し、
氣を与えても、与えても枯渇しない天地とつながる呼吸法、瞑想法を伝授します。

氣功を使った癒しの手は副作用は一切ありません。

 

家族の健康は私が守る!
という方は、
家庭内療法師育成講座のページを御覧ください。
※ 癒手道のページへリンクします。