お正月には、玄関、門口などにしめ縄を飾り、歳神様を迎えるという
日本の習わしがあります。松の内を過ぎると外されることが、一般的ですが、
伊勢では、一年を通して、しめ縄をお飾りします。

ぽかぽか村の玄関にもお飾りしております。

伊勢の町並みをご覧になられ、
お正月過ぎの家々のしめ縄に驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。
これには、古くから伝わる伝説が由来となっています。


「蘇民将来子孫家門」の由来

昔、伊勢の地を旅した須佐之男命が、夕暮れに泊まるところがなく困りはてていました。
この地には、将来兄弟という二人が住んでおり、弟の大変裕福であった巨旦将来に、宿を頼んだが、これを断られてしまう。その兄である、大変貧しい暮らしをしていた蘇民将来は、この頼みを快く引き受け、貧しいながら、出来る限りで、もてなし一夜を過ごした。須佐之男命は、これを大変喜び、一宿の恩返しとして、茅の輪を与え、「後の世に疫病あらば、蘇民将来の子孫と云いて、その茅の輪を腰に付けたる者は、難を逃れるであろう」と言い残した。以来、蘇民家は、後の疫病が流行っても免れ、代々栄えたという。

この故事にあやかり、「蘇民将来子孫家門」の護り札をしめ縄に付けて、一年中門口に飾り、無病息災を願う、慣しとして今に受け継がれているそうです。

本年も皆さまにとって良いお年となられますこと心より願っております。