三月も今日で最後です。
明日からは4月ですね!
4月というと学校では新学期が始まったり、会社では入社式があったりと
社会的には明日が新しい年の始まりと言えるかもしれませんね。

伊勢には、毎月一日に普段より早く起きて、神宮へお参りする「朔日(ついたち)参り」というならわしが残っています。無事に過ごせた一ヶ月を感謝し、また新しい月の無事を願ってお祈りします。

この朔日参りのお客様をお迎えするために作り始めたのが「朔日餅」です。発売開始は昭和53年のこと。元日を除く毎月朔日(ついたち)に限り販売しています。季節ならではの餅菓子をお楽しみいただけます。
4月はさくら餅です!

ほのかな桜色に染めたもち米で、こし餡を包みます。
選び抜いた桜の葉で包んでいますので、桜葉とともにお召し上がりいただけます。